野球グラブメンテナンス大全集

野球・ソフトボール用グラブのオイルを中心としたメンテナンス道具について詳しく紹介していきます。

グローブ(グラブ)にツヤ(艶)を出す方法・最強のおすすめ艶出し

 

今回は

 

・グラブにツヤ(艶)を出す方法

・おすすめのツヤ出し剤

 

f:id:ys272829:20170503175551p:plain

 

この2つについて紹介します。

 

 

  • グラブにツヤ(艶)を出す方法

 

グラブにツヤが出るというのは革の表面が薄い油分の膜で覆われている状態です。

 

中でも革のキメが細かく、油分がしっかりはいっているグラブはオイルはツヤが出やすいです。こういったグラブは特にツヤ出し等を塗布しなくても、使用しているうちに自然なツヤが出てきます。(定期的なオイルを使ったオイルは必要です)

 

しかし、そうでないグラブの方が多いですよね。

 

そこでツヤ出し剤などを塗布してツヤを出すのが一般的です。

成分はビーズワックス、カルナバワックスといった天然由来の蝋や、石油由来のワセリン、シリコン(シリコーン)です。

 

 

  • おすすめのツヤ出し剤

 

私がおすすめするのは

 

 ・ラナパー

 

 

 

以下商品説明を引用

“ラナパー レザートリートメント 100ml ラナパーはドイツで生まれた究極のワンタッチレザーケア商品です。

付属のスポンジに少量つけて薄くのばすだけで「汚れ落とし」「保護、ツヤだし」「撥水効果」「カビを生えにくくする効果」が得られます。

現在、ヨーロッパをはじめ、南アフリカ、アメリカ、オーストラリア、そして日本、韓国など世界35ヶ国以上で愛用されています。

ビーズワックス(蜜ロウ=蜜蜂の巣)とホホバ油(サボテンオイル)を主原料とした100%天然のもので、ツンと来る匂いがありません。

スポンジに少量を取り革製品の表面に薄く塗るだけでレザーに活力を与え長持ちさせます。

また、表面の保護・ツヤ出し及び撥水(水を弾く)効果が得られます。

革靴はもちろん、ハンドバッグ、旅行カバン、コート、ジャンパー、ソファ、車のシート、ダッシュボード、白木など幅広い用途にお使いいただけます。”

 

 

 

値段は少し高めですが、無臭で保革・艶出し効果があり、他の革製品にも使えます。

商品説明には「汚れ落とし効果がある」と表記されていますが、グラブに付いた泥汚れなどを落とすほどの効果はありません。

 

 

ちなみにこのラナパーは「手もみオイル型付け」で有名なベースボールマリオさんもおすすめしています。

 

f:id:ys272829:20170503175217p:plain

 

 

ちなみに安価なものですと以下の商品などがあります。

 


 

 

 


 

 


 

 


 

※艶出し剤の塗りすぎは厳禁です。皮革の劣化、ひび割れの原因になります。

マイアミマーリンズ・イチロー選手のグラブお手入れ方法・使用オイル


現在マイアミ・マーリンズに所属しているイチロー選手。

 

  

歴代最高の野球選手とも言われるイチロー選手ですが、用具へのこだわりはかなり強いとのこと。


そのこだわりは細かいというよりはかなり感覚的なもののようです


イチロー選手は高校時代から現在に至るまでミズノのグラブを使い続けていますが、現在イチロー選手のグラブを作成されている岸本耕作さんは2代目で、以前は坪田信義さんという方がイチロー選手の作成されていました

 

f:id:ys272829:20170309192534p:plain

 


坪田さんはミズノ社が誇る伝説のグラブ職人で多くの名選手のグラブを作成されてきた方です。

 

 

その坪田さんが15年ほど前に引退される際に、現在の岸本さんに引き継がれたとのことですが、その際は大変な苦労があったとのこと。

 

最終的にイチロー選手が納得した時には数十個目だったとの噂も。

 


イチロー選手のこだわりは「感覚」で手にはめた瞬間に「これだ!」と思えないものは使わないのだそう。

 

 

前置きが長くなりましたが、今回はそんなこだわりを持ったイチロー選手がグラブをどのよつにお手入れしているのかについて紹介します。

 


イチロー選手が過去に番組内でお手入れをしているシーンを見てみると、練習後にグラブ全体にオイルを塗っています。

 

f:id:ys272829:20170309214439p:plain


恐らくレザーローションやレザークリーナーは使用しないのだと思います。


というのもプロ選手は高校球児のようにグラブが汚れないので乾拭き程度でそんなにいらないのかもしれません。

 

 

まして常に芝生のグラウンド上でプレーするプロの外野手のグラブはドロドロのならないのかもしれませんね。


ちなみにこの画像を見る限り、使っているオイルは市販されているものです。

 

付属のスポンジは旧タイプのものです。

 

ミズノプロ レザーケアクリーム

 

私も持っているものです。

f:id:ys272829:20170309193623j:plain



プロだからといって特別なものがあるわけではないようです。 このオイルはミズノ社の野球におけるトップブランドである「ミズノプロ」の製品です。

 

f:id:ys272829:20170309192824p:plain

 

ちなみにこのオイルは革をやわらかくする効果があるので使いはじめのグラブ、型付け段階のグラブに向いているとされています。

 


この画像を見る限りではイチロー選手が常にこのオイルを使っているかどうかは不明です。

 


もしかしたらこの映像に出ているグラブは型付け段階の可能性もあります。

 


ですが、考えられる可能性としてはイチロー選手は「グラブを手の延長にしたい」という考えを持っているため、柔らかいグラブに仕上げるために常にこういったオイルを使っているのかもしれませんね。

 


(あくまで私の憶測です。)

 


ちなみにミズノプロのレザーケアクリームという名前の商品はもう1つ存在していて、こちらはヒアルロン酸配合の保湿クリームとなっています。



ガラスの容器に入っていてまるで化粧品のようです。

 


全く同じ名前ですが、こちらは使い込んだグラブ向きのオイルになります。

 


なぜこんなややこしいネーミングにしたのか、、、というのが正直なところ。

 


他にもミズノプロのお手入れ用品はたくさんあります。

 


ミズノプロのお手入れ用品の特徴は、内容物が全てが化粧品に使われるレベルであるということでしょう

 


ちなみにレザーケアクリームなどにはスクワランオイルやミンクオイルなども含まれているのですが、パッケージの成分表示には動物性油脂と表記されています。

 


現在は色々なメーカーが高級グラブオイルやローションを販売していますが、ミズノプロはそんな高級オイル・ローションの草分け的な存在です。


ちなみにイチロー選手が使うレザーケアクリームとレザーコンディショナーがセットになっている二層タイプのものもあります。

 

とにかく良いオイルが欲しいという方にはミズノプロシリーズのお手入れ用品をおすすめです。

ZETT(ゼット)プロステイタスのキャッチャーミットのお手入れ

 

今日は先日Twitterで公開したZETT(ゼット)プロステイタスのキャッチャーミットのお手入れ。

 

 

10年以上前?に購入したものなので旧ラベルです。

 

 

ヤクルトスワローズ古田敦也選手のファンである私はキャッチャーミットを買うときは迷わずゼット!

 

 

当時は長い期間にわたってキャッチャーをやっていたので購入したのですが、直後にコンバートされてしまい出番あまりなかったので友人に貸していました。

 

 

 

随分と年季が入りましたが、こういうミットの方が磨き甲斐があります!

 

 

そしてこれがお手入れの前と後の写真です。

 

f:id:ys272829:20170227234116j:plain

 

 

ピカピカになりました!

 

想像していたよりも綺麗になったので大満足です(笑)

 

 

使用したのは

 

ローリングス ストロングメンテナンスクリーナー

f:id:ys272829:20170207021226j:plain

 

ホワイトベアー レザーローション

f:id:ys272829:20170130201337j:plain

 

ラナパー

 

f:id:ys272829:20170114142636j:plain

 

この3つです。

 

以前紹介したこの記事もこのミットのお手入れの一部です。

 

 

 

手順は

 

 

グラブの砂埃を豚毛ブラシで落として…

 

 

 

ストロングメンテナンスクリーナーで油汚れを除去

 

 

 

 

グラブ全体の汚れをホワイトベアーのレザーローションで落として…

 

 

 

ラナパーで保革!

 

 

 

最後に馬毛ブラシとムートンで磨いて終わり!

 

 

かなり時間がかかりました。(笑)

 

 

 

これだけ汚くなってしまったミットも結構綺麗になるものですね。

 

 

やはり汚れ落としはお手入れの基本。

 

 

皆さんもあきらめずに古いグラブも綺麗にしてあげてください!

名手・菊池涼介と高木豊のグラブ(グローブ)のお手入れの違い

 

グラブのお手入れでおいて「オイルの塗りすぎは禁物」と言われていますが、中にはそうでない方もいます。

 

 

現役時代は大洋ホエールズ横浜ベイスターズで活躍された高木豊さんがその1人。

 

f:id:ys272829:20170226181939j:plain

 

高木さんは2004年にはアテネオリンピック日本代表の内野守備・ 走塁コーチもされた名手でありますが、グラブの軽さよりもしっとり感を重視していたとのこと。

 

 

また、柔らかいグラブが好みで

 

 

特に平裏のお手入れは入念に行っていたとのこと。

 

 

 

一方で広島東洋カープ菊池涼介選手はグラブの型が変わってしまったり、重くなるのを避けるためにオイルは塗らないとのこと。

 

 

 

時代こそ違いますが、二人とも同じ名手の二塁手

 

 

ですが、グラブのお手入れには正反対です。

 

 

これは完全に個人の好みの問題ですよね。

 

もちろん軽いことで操作性は上がるのかもしれませんが、一番大事なことはグラブをはめた時、捕った時のフィーリングです。

 

 

軽いけどはめ心地が悪いグラブを使うのと少し重めだけどはめ心地が良いグラブだったら後者を選びますよね。

 

 

表面がサラサラで軽いグラブが好みの方もいます。

 

 

 

個人的には革に良い悪いではなく自信を持って守備に付けるかどうかだと思います。

 

 

トロントブルージェイズの名手であるトロイ・トゥロウィツキ―選手は捕球面に松脂や唾液を付けおり

 

www.sportsnet.ca

 

昨年のシーズン途中まで使用したグラブは8年間使用していたもので、捕球面の革が破れている状態であったにも関わらずゲームで使用していました。

 

 

「捕球面の革は紙のようになっていた」

 

f:id:ys272829:20170226182201p:plain

 

と言われていた通り捕球面はボロボロでしたがそのグラブを使用し続けていました。

 

 

ちなみに日本ではウィルソンから人工的なだ液が販売されています(笑)

 

 

 

 

このように、グラブはボロボロであってもフィーリングというのはそれを上回るほど大事なものであることがわかります。

 

 

 

お手入れの頻度、オイルの塗る量は自由ですが、自分にあった最高のグラブを育てるためにお手入れをしてみてください。

(捕球面にオイルを塗りすぎるとボールがベトつくのでそれは注意です。笑)
 

グラブ(グローブ)に水分は大敵ではなく適度な水分は必要?

 

革製品に水分は大敵です。

 

雨に濡れた後に放置するとカビやシミの原因になりますし、革が劣化すると言われています。

 

 

現在、主流となっているお湯に浸けて揉んで叩いてグラブを柔らかくする「湯もみ型付け」も賛否両論あります。

 

f:id:ys272829:20151207000649j:plain

 

また以前紹介したドナイヤのグラブワックスやザナックスのコンディショニングプロワックスといったメンテナンス用品でも「水を使っていない」というのがポイントになっています。

 

 

ですがグラブに全く水分が必要ないかと言われるとそういう訳ではなく、革にも適度な水分は必要なようです。

 

 

といっても練習で雨や汗で湿ったグラブを放置しても良いという訳ではありません。

 

 

しっかりとグラブを乾燥させた上で適度な水分補給が必要とのこと。

 

 

 

ですので、水が入っているお手入れ用品を避ける必要は無いです。

 

 

塗りすぎは禁物ですが。

 

 

レザーローションやクレンジングローション、ジェル状のスクワランオイルなどが保湿(水分補給)向いていると思います。

 

 

個人的には汚れ落としと同時に保湿も出来るレザーローションやクレンジングローションがおすすめです。

 

 

 

ちなみにこれは保湿のためでは無いのですが、東北楽天ゴールデンイーグルスの藤田一也選手はグラブの硬さを保つためにグラブに霧吹きで水を吹きかけるそうです。

 

 

適度に湿ったグラブが翌日に硬くなった感覚が良いのだそうです。

 

 

革だけではなく紙も水に濡れて乾くと硬くなりますよね。そんな感じだそうです。

 

 

 

ちなみに私もかつて久保田スラッガーの東京支店で購入したグラブを定期的に型直しをしてもらうために店舗で少しスチームをかけてもらって叩いてもらっていたのですが、型直し後はグラブが少し硬くなっていたのを覚えています。

 

f:id:ys272829:20151205184645j:plain

 

これも少し湿ったグラブが乾いて硬くときに硬くなったのだと思います。

 

 

 

グラブの重さを気にされている方も多いと思いますが、適度な保湿(水分補給)はしてあげましょう!

ジュンケイグリスJG-01の塗ると汚れが付きやすくなる?

 

こちらはジュンケイグラブのグリスJG-01

 

 

f:id:ys272829:20170224231215j:plain

 

表から塗れるグリスということで早速、表から塗ってみて練習で使ってみました。

 

 

 

 

塗布後、塗りすぎたのかかなりオイリーな感じになってしまい(それがこのグリスの目的ではあるのですが…笑)

 

 

汚れが付きやすくなってしまいました。

 

f:id:ys272829:20170224231835j:plain

 

ですので、私はグラブの背面などには使用していません。

 

また、ハタケヤマのグラブワックスなどのグリップ効果の高いオイルとの併用はおすすめできないかもしれません。

 

 

ベタベタになりすぎる?かもしれません。

 

 

あくまで捕球面の油出し的な捕球面の革の色を濃くする目的で、型付けの段階で使うのがいいかもしれません。

 

 

ちなみにこの汚れはいつも通りレザーローションで落としました。

 

f:id:ys272829:20170130201337j:plain

 

汚れといっても付きたての汚れ?は落ちやすいです。

 

ホワイトベアーのレザーローションで拭き取ってこんな感じにきれいな捕球面に。

 

f:id:ys272829:20170224231852j:plain

 

 

毎日のケアはこんな感じです。

 

 

蓄積してしまった汚れは落ちにくいですが、この手の汚れはレザーローションで簡単に落とせます。

 

 

 今度はジュンケイグリスを中に入れて浸みこみ方などについても書いていければいいと思います。

レザーローションを型付けオイルとして使うことはできるのか

 

型付けの方法ってたくさんありますよね。

 

 

現在は湯もみ型付けやスチーム型付けといったものが主流となりつつありますが、オイルを塗って地道に揉んで叩くのが従来の型付けです。

 

 

オイルは型付け用オイルや固形オイルが使われるのですが、個人的にはレザーローションが良いのではないか?と思っています。

 

f:id:ys272829:20170223231457j:plain

 

というのも型付け用オイルって汎用性が低いんですよね。

 

 

例えばハタケヤマのSF-01リキッドオイル

 

 

グローブがすぐ柔らかくなると評判ですが、内容量が多く値段も約1600円と高め。

 

 

1つのグローブを型付けするのに5分の1程度しか使用しないそうです。

 

 

グラブが柔らかくなってしまえば必要のないオイルですから、グラブを1つ型付けするのに買うのももったいないですよね。

 

 

一方でレザーローションはグラブをお手入れするのに必要不可欠です。

 

価格も高くないですし、固形オイルよりも浸透性が高いので柔らかくなりやすいのでは?と思います。

 

 

実際にレザーローションの注意書きには「塗りすぎると柔らかくなります」と書いてありますよね

 

 

ですが「レザーローションなら何でも良い!」という訳ではありません。

 

 

汚れ落とし、艶出しとして定評があり、私も使っているホワイトベアーのレザーローションは、柔軟効果が控えめなので型付けには不向きです。

 

 

そこで私のおすすめはこの2つ

 

 

ミズノ レザーローション

 

 

ローリングス レザーローション

 

 

両方ともホワイトベアーのものとは違い、浸透性が高い上に動物性油脂などのオイル類が含まれていることが特徴です。

 

 

また型が付け終わった後は汚れ落とし、保革、艶出しなど様々な用途に使えます。

 

 

 

型付け用のオイルを買おうか迷われている方、レザーローションを代わりに使ってみるのはどうでしょうか?