野球グラブメンテナンス大全集

野球・ソフトボール用グラブのオイルを中心としたメンテナンス道具について詳しく紹介していきます。

グラブ(グローブ)の磨き方【汚れ落とし・保革・艶出し】

 

目次

 

グラブのお手入れとは?

f:id:ys272829:20171025212736j:plain

 

ほとんどの野球用グラブ(グローブ)またはミットは牛の革で作られています。グラブは使用する過程で、捕球による革に擦り切れやグラウンドの土によって汚れが付きますが、グラブの革は生きているわけではないので、私たち人間の皮膚のように再生しません。

ゆえにグラブは一度傷んでしまうと元には戻らないのです。そこで大切なグラブを少しでも長く、良い状態で使うためにも人間が体を洗うのと同じように汚れを落として、さらに状態を保つために栄養を補給しなければなりません。

しかし、革製品であるグラブに水分は天敵。人間と同じようにシャワーを浴びてお風呂に入れる訳にはいきません。グラブにはグラブのお手入れ(メンテナンス)方法があるのです。

このページでは

・初めてグラブを買ったけど磨き方(お手入れの方法)がわからない

・今まで一度もグラブを磨いたことが無い

・正しいグラブの磨き方を知りたい

という方に向けてグラブの磨き方やグラブを磨くために必要なものを紹介します。

グラブ磨きを始める上で大事なことは、定期的にお手入れをすること・過保護になりすぎないことです。

 

 

グラブ磨きの工程 

グラブ磨きは大きく分けて5つの工程があります。よく「グラブはどのくらいの頻度で磨けばいいのか」という質問がありますが、これは使用頻度や使用環境によって変わってきますし、また工程ごとに異なってきます。工程ごとに頻度の目安がありますが、あくまで目安として参考にしてみてください。大事なのはグラブの様子を見て判断することです。

 

[第1工程]ブラッシング (ダストオフ)

f:id:ys272829:20171025212831j:plain

必要なもの:豚毛ブラシ

頻度:毎使用後

ブラッシングはグラブ磨きで最も重要な工程の1つです。

このブラッシングは、グラブに付着した土や砂埃などをブラシ使って落とす作業です。グラブの汚れを落とさずにオイルを塗ってしまうと土とオイルが混ざってそのままグラブに汚れとして蓄積されてしまいます。蓄積された汚れはグラブの革を劣化させる原因になるので、ブラッシングでしっかり土や砂埃を落としましょう。また、ブラッシングをすることで紐やウェブの間などに入り込んでしまった土も掻き出すことができます。

 

豚毛ブラシとは?

ブラシといっても様々な種類のブラシがありますが、このブラッシングの工程では豚毛ブラシを使うのがおススメです。馬毛や山羊毛のブラシと比較して毛先が硬く、簡単に汚れを落とすことができます。

老舗野球用品メーカーのローリングスからも、この豚毛ブラシは販売されているのでチェックしてみてください。

 

 

[第2工程]乾燥

f:id:ys272829:20170711010030p:plain

必要なもの:乾燥材

頻度:毎使用後

グラブを使用していると、どうしても手汗でグラブの手入れ部(平裏部)が湿ってしまいます。また雨の日に使用したグラブは全体的に濡れてしまいます。こうした状態のグラブを放置しておくとグラブの型崩れ・カビの発生・革の劣化・重量増加の原因になってしまいます。

革製品に水分は天敵ですから、湿ってしまった場合はいち早くグラブを乾燥させる必要があります。食器乾燥機や布団乾燥機を使って乾燥させる方法もありますが、用意するのが大変ですので、乾燥材をグラブと一緒に置いて風通しの良い日陰で自然乾燥させましょう。

日向で直射日光に当てたり、ドライヤーで直接温風を吹きかけて強制的に乾燥させたりすると革を痛めるので控えましょう。

 

グラブ用乾燥材

ローリングスがグラブドライヤーというグラブ用の乾燥材を販売しています。これをグラブ手入れ部に差し込んでおけば早くグラブを自然乾燥させることができます。

 

 

[第3工程]汚れ落とし

f:id:ys272829:20171025213015j:plain

 必要なもの:レザーローションorレザークリーナー

頻度:汚れが気になる時

ブラッシングをしても落ちない汚れがある場合は汚れ落としを使用して汚れを落としましょう。このとき汚れ落としとして洗剤のような役割を果たすのがレザーローションもしくはレザークリーナーです。以下に2つの違いについて書いてあるので、自分に合うものを購入して使ってみましょう。

 

レザーローションの特徴

基本的な汚れはレザーローションで取ることができます。液体状で汚れ落としに加えてツヤ出し効果を含むものもあります。レザークリーナーよりも安価で手に入ります。

オススメはホワイトベアーのレザーローションです。

↓レザーローションの詳しい使い方は以下の記事を参考にしてみてください。

baseballglove.hatenablog.com

 

レザークリーナーの特徴

レザークリーナーは頑固な汚れを落とす際に有効です。もちろん、普段の汚れ落としとしても使用することができ、グラブのみならずエナメルバッグやスパイクの汚れ落としもできてしまうのが特徴です。竹ブラシや歯ブラシなどに付けて使用すると汚れが落ちやすいです。

オススメはローリングスの男前に磨きをかけるシリーズのスーパーメンテナンスクリーナーオイルです。

レザークリーナーの詳しい使い方は以下の記事を参考にしてみてください。

baseballglove.hatenablog.com

 

[第4工程]保革

f:id:ys272829:20171025213119j:plain

 必要なもの:保革オイル

頻度:毎日使用(週1回程度)、週1〜2回使用(1ヶ月に1回程度)

グラブは使用する度に革が擦り減ったり、傷付いたりします。また、グラブの革に含まれているオイル分が抜けていってしまいます。そこで必要なのが保革という作業です。保革オイルを塗ることでグラブが擦り減り、傷ついた部分を保護すると同時に革に栄養分を捕球します。このように定期的にオイルを塗ることでグラブを長持ちさせることができるのですが、塗りすぎは禁物です。保革オイルを塗りすぎは、グラブの型崩れや重量増加の原因となり、グラブの寿命を縮めることになってしまいます。グラブの様子を見て、乾燥していたり、擦り減っている部分に塗りましょう。

 

↓保革オイルの使い方はこちらの記事を参考にして見てください。

baseballglove.hatenablog.com

 

[第5工程]艶出し(ツヤ出し)

f:id:ys272829:20171025213235j:plain

必要なもの:ツヤ出しオイル、馬毛ブラシ、ムートン

頻度:1ヶ月に1回程度

この艶出し作業は必ずしなければいけない訳ではありません。

見た目が良くなるのはもちろんですが、ツヤ出しをしっかりやっておくどグラブに汚れがつきにくくなったりするので、グラブのお手入れが好きな人はやっておくと良いでしょう。

↓詳しいやり方や必要なものに関しては以下の記事を参考にしてみてください。

baseballglove.hatenablog.com

 

baseballglove.hatenablog.com

 

まとめ

f:id:ys272829:20171025213327j:plain

グラブのお手入れ用品はたくさんあって何を買ったらいいのかわからないということが多いですが、今回紹介したお手入れの工程やオススメのお手入れ用品を参考にして、グラブを磨いて見てください。きっとグラブを磨くことが楽しくなるでしょう。

グラブを磨くことでグラブに対して信頼感が生まれ、あなただけのエラーしないグラブ・ミットが完成することを願っています!

【グラブを柔らかくする】レクソル・レザーコンディショナー

 

アメリカ生まれのレザーケア

 日本にはたくさんのレザーケア用品があります。野球用グラブも例外ではなく今ではメーカー各社から販売されています。

では野球発祥の国であるアメリカの人はどのようなレザーケア用品(オイル、レザーローション)を使ってグラブを磨いているのでしょうか?

 

アメリカにはグラブ用オイルやレザーローションはそこまで多くありません。私が知る限りではウィルソンのコンディショナー、ローリングスのグラブバター、グラブローション、ノコナのグラブコンディショナーぐらいです。

この中で、現在日本で手に入るものはありませんが、ローリングスグラブバターは2018年から日本でも発売予定です。

↓購入・予約はこちらから

 

このようにグラブオイルやローションの数は少ないですが、他のレザーケア用品は数多くあります。

中でも今回、紹介するのはLEXOL(レクソル)というメーカーのレザーコンディショナーです。

 

 

レクソルのレザーコンディショナー

 

f:id:ys272829:20171114164150j:plain

f:id:ys272829:20171114164407j:plain

 

正式名称は

LEXOL LEATHER DEEP CONDITIONER

(レクソル レザーディープコンディショナー)

 

レクソルはアメリカで1933年からレザーケア用品を製造・販売している老舗メーカー。レクソルのレザークリーナーやコンディショナーは、アメリカで革製の車のシートやソファー、靴(ブーツ)によく使われるそうですが、グラブにも使えるとのことです。

主なラインナップはレザークリーナー、レザーコンディショナー、ニーツフットオイルなどがありますが、今回はレザーコンディショナーを購入してみました。

 

  

革の本来のオイル分と同等?

 

このレクソル レザーディープコンディショナーの主成分は合成マッコウクジラ油というもので、革の複雑な組織内部に留まりやすい配合になっているようです。

見た目はこんな感じで、肌色っぽい白濁液です。

f:id:ys272829:20171114164316j:plain

 

動物の皮(グラブの場合は牛)がグラブの素材である革になるために”なめし”という腐敗を防ぐための加工をするのですが、その際にグラブに油を添加する”加脂”という過程があります。マッコウクジラ油などの鯨油はかつてその革の”加脂”に使われていた油だそうです。

現在は捕鯨が禁止されている国も多く、日本でも商用捕鯨は禁止されているので鯨油を手に入れることは難しい状況です。

しかし、その鯨油の成分は化学合成が可能なことから、このレザーディープコンディショナーには合成マッコウクジラ油というものが使われています。

他に加脂工程でも用いられるオイルとしてはニーツフットオイル(牛脚油)などがあります。

 

これらの”革に元々入っているオイル”は野球用グラブオイルとして販売されていませんが、一部では”革に元々入っているオイルをグラブに塗るべきだ”という声もあります。考え方としては元々革に浸透していたオイルと同じものを塗るということなので納得ですが、野球のグラブは他の革製品と違って傷が付きやすいので、必ずしもこういったオイルが一番良いとは限らないと私は思います。

表面を保護するためには石油由来のワセリンなどが含まれたオイルが有効だと思います。実際に人間もワセリンを皮膚に塗りますから。

 

ではこのレクソル レザーディープコンディショナーはどのように使うことができるのか?

 

グラブを柔らかくする型付けオイル

f:id:ys272829:20171114164449j:plain

このオイルの特徴は何と言っても液体状で浸透性がかなり良いという点です。購入したばかりのグラブにはオイルが十分に入っていないことがあります。そこでこのオイルを塗ることでグラブを柔らかくする手助けをします。

なぜ型付けでオイルを塗る必要があるのかというと、オイルが革の組織内部で潤滑油のような役割を果たしてくれるためグラブが柔らかくなりやすくなるのです。

ですが大事なことは塗るだけでは柔らかくならないということです。型付けにおいてオイルを塗るのはあくまで補助的な役割です。基本は揉み・叩き・捕球の繰り返しです。

 

 

卵殻スーパーストロングメンテナンスクリーナー【ローリングス】

 目次

 

ローリングス2018年新商品

f:id:ys272829:20171024013911j:plain

↑従来のスーパーストロングメンテナンスクリーナー

 

お手入れ(メンテナンス)用品に定評のあるローリングス 男前に磨きをかけるシリーズから2018年も新商品が販売されます。

ローリングスの2018年新商品は、男前に磨きをかけるシリーズ大幅リニューアルとなっているのではないかと思います。

 

ローリングスジャパンのホームページ上ではまだ公開されていませんが、一部のサイトで公開されている情報があったので、今回紹介したいと思います。

中でも私の気になったのが

卵殻スーパーストロングメンテナンスクリーナーです。

 

★男前に磨きをかけるシリーズとは

男前に磨きをかけるシリーズは、今や野球グラブのお手入れを語る上で欠かすことのできないローリングスのメンテナンス用品です。様々なお手入れ用途に合わせた豊富なラインナップが強みです。

 

卵殻スーパーストロングメンテナンスクリーナー

 

ローリングスの男前に磨きをかけるシリーズの中で「汚れ落とし」の役割を担うクリーナーは、今回の卵殻スーパーストロングメンテナンスクリーナーが3世代目になります。初代はストロングメンテナンスクリーナーという名称で、オレンジのパッケージでしたが、2年ほど前に現行(2代目)のスーパーストロングメンテナンスクリーナーという名称に変更になり、パッケージが金色になりました。

この初代から二代目にモデルチェンジする際に、汚れ落とし性能が10%アップしました。

 

3代目の”卵殻”は何が進化した?

2018年に発売される3代目”卵殻スーパーストロングメンテナンスクリーナー”は名前の通り、卵殻を配合しているため、スクラブ効果が期待できるとのこと。

 

スクラブ効果とは、洗顔石鹸にもあるようにザラザラしたもので汚れを落とす効果のことです。革製品に使うものなので研磨剤のような粗いものでは無く、自然素材で革に優しい卵殻を使用することで、グラブが劣化する原因となる革の繊維の中に入り込んでしまった汚れをかき出すことができます。

また、卵殻には油分を落とす効果があることから、家庭で出た卵殻のゴミを洗濯の時に使って油汚れを落とす方もいるそうです。

 

野球でいうとロジンに卵殻が配合されていることがありますが、グラブのクリーナーとしては、ローリングスが初の試みなのではないか?と思います。

 

内容量は変わった?

内容量は変わらず230gと大容量です。

 

成分は変わったの?

成分の変更は従来モデルと比較して、卵殻が追加された以外は特に変更点はありません。配合の割合は変更されているかもしれませんが、アンモニア・メチルセロソルブ・石油系溶剤は共通です。

 

新商品"卵殻"はスパイクやエナメルにも使える?

グラブに使用できるクリーナーということなので、従来品と同様にスパイクやエナメルにも使用できます。

 

匂いはするの?

これは実際に確かめてみないとわかりませんが、成分がほぼ同じなので匂いは汚れ落とし独特の匂いがすると思われます。

汚れ落とし(クリーナー)には付き物ですし、匂いが強いものの方が汚れが落ちやすいとも言われたりしています。

 

従来品はどうなってしまうの?

従来のスーパーストロングメンテナンスクリーナーはおそらく今後、お店に出回ることが少なくなっていくでしょう。

どうしても従来品が使いたい!という方は今のうちにAmazon楽天市場等で購入しておきましょう!

  

発売日は.......

発売は2018年元旦で、現在Amazonで予約受付中になっています。

早く使ってみたい!という方は予約しましょう!

(私はすでに予約しました)

 

 

 

ハタケヤマ・グラブワックスWAX1を塗る頻度は?使用方法など

 ・ハタケヤマ・グラブワックスWAX1とは?

f:id:ys272829:20171013164207j:plain

 

ハタケヤマのグラブワックスWAX1は、ハタケヤマから発売されているロングセラー商品で、塗布後にボールの回転を止めるグリップ力が高まることからプロ野球選手にも愛用されているオイル(ワックス)です。

 

baseballglove.hatenablog.com

 

グリップ力が高まると、ボールの回転が捕球時に止まりやすくなるので、エラーをする確率が低くなることが期待できます。

 

私も実際に使用していますが、グリップ力は想像以上のもので、ボールがピタッと止まります。

 

特に特殊な回転がかかりやすい軟式球を使う方にオススメです。

 

グリップ力が高まるのが特徴のオイルのため、捕球面(ボールを受ける面)に塗る人が多いですが、単に滑り止めというわけではなく、ミンクオイルという動物性油脂も配合されているため、通常のオイルのような保革効果(革を保護する効果)もあります。

 

ですがグラブの背面のグリップ力を上げる必要性は無いので、通常の保革油を持っている場合はそちらを使用することをおすすめします。

 

また、このオイルをグラブに塗るとその部分の革が硬くなると言われていますが、そのような成分がこのワックスに意図的に入れられているものなのかは不明ですので、グラブを硬くしたい!という方は以下の記事を参照してください。

 

↓クリックして詳細をチェック

 

・使い方と使用頻度

 

グラブの捕球面にのみ塗るのがオススメです。

塗り方は大きく分けて2つあります。

1つ目はグラブのお手入れをする時に保革オイルとして捕球面に塗布する方法

2つ目はグラブを使用する前に滑り止めとして(体操の選手が競技前に滑り止めの粉を手につけるのと同じ要領)グラブの捕球面に塗布する方法です。

 

私のオススメは2つ目の滑り止めとして使う方法です。理由は滑り止め効果がそこまで持続しないからです。グリップ力を持たせることが目的ですから、使用前に塗れば毎回グリップ力の効いた状態のグラブを使用することができます。

 

とはいえ塗りすぎはグラブの型崩れや重量増加の原因にもなりますので、塗るときは少量にしましょう。

少量でも十分に効果が得られます。

 

 

・他のグリップ力を上げるオイル

 

グリップ力を上げるオイルは他のメーカーからも販売されています。以下にまとめてみたので参考にしてみてください!

 

・久保田スラッガー

 

・ウィルソン

おすすめ・人気のグラブ型付け用オイル・ベスト3【評判】

 型付け用オイル

f:id:ys272829:20151207000746j:plain

 

今日では湯もみ型付けやスチーム型付け(加工)など、様々な型付け方法がありますが、

 

やはり型付けの基本はオイルを塗って揉み・叩き・捕球を繰り返すことです。

 

オーソドックスですがこの方法なら革を傷めることなくグラブを柔らかくして、型をつけることができます。

 

一方でこの方法だとグラブを柔らかくするのに時間がかかると言われていますが、型付け用のオイルを使えばすぐに柔らかくすることができます

 

 

おすすめ・人気の型付け用オイル

 

1.ハタケヤマ リキッドオイル SF-1

プロ野球12球団のキャッチャー・ブルペンキャッチャーに最も使われているキャッチャーミットを手がけるハタケヤマから発売されている型付け専用のオイル。ハタケヤマのキャッチャーミットは硬いと有名な和牛革が使われているため、非常に硬いのですが、そのハタケヤマのミットを柔らかくするために発売されたのが、このハタケヤマ リキッドオイル SF-1です。革を柔らかくするという面では最強と言われており、柔らかくなりすぎ注意とも言われているオイルです。野球YouTuberの方が実際にこのオイルを使って型付けをされている動画があったので参考までに載せておきます。

★とにかくグラブ・ミットを柔らかくしたいという方におすすめ

 

www.youtube.com

 

2.ミズノ ミズノプロ レザーケアクリーム

 

 ミズノの最上位ブランドであるミズノプロのオイルです。ロングセラー商品で、鉱物性油脂(ミネラルオイル)と動物性油脂が配合されたオイルで、ジェルのようなオイルになっています。浸透性が高くべトつかないのが特徴です。即効性があるわけではないですが、通常の保革油としての役割も果たします。

★じっくりとグラブを馴染ませていきたい方におすすめ

 

 

3.ホワイトベアー グラブオイルスプレー

 

グラブオイルの老舗・ホワイトベアーから発売されているグラブを柔らかくするオイルです。スプレータイプなので、グラブの表面にムラなく塗ることができるのが大きな特徴です。私が個人的に愛用している型付け用オイルです!

 

★仕上がりの質感にこだわる方におすすめ

 

 

グラブの型付けは慎重に

 

グラブ型付けオイルを使いすぎたことによってグラブが柔らかくなりすぎてしまったという事例も少なくありません。

 

グラブの革は一度柔らかくなってしまったら基本的に元に戻すことはできません。

 

柔らかくなりすぎてしまった場合はこちらの記事を参照してみてください。

↓ ↓ ↓

baseballglove.hatenablog.com

 

baseballglove.hatenablog.com

 

オイルは一回に大量に塗布せず、様子を見ながら塗布しましょう!

重くならないオイル・ドナイヤのオイル(ワックス)とは?

人気のドナイヤから待望のオイル

f:id:ys272829:20170220170011p:plain

 

ヤクルト・スワローズの山田哲人選手がグラブを使用していることで一躍、有名メーカーとなったドナイヤ。

 

そのドナイヤから満を持して発売されたのがこのドナイヤのグラブオイルです。

 

  ↑クリックして詳細をチェック

 

「業界初、水を使っていないワックス」

 

として売り出されたオイルですが、本当に業界初であったのかは疑問符がつきます。

 

というのもザナックスから発売されているコンディショニングプロワックスも水を使っていないのです。

 

ザナックスの方が先だったような気がしますが、そもそも一般的なオイルに水が使われているのかもわかりません。

 

いずれにせよ、注目すべきは「重くならない」ということです。

 

 

本当に重くならない?

 

「重くならない」といっても、残念ながら「このオイルをいくら塗っても重くならない」というワケではありません。

 

「重くなりにくい」ということです。

 

良い例えかどうかはわかりませんが、

 

f:id:ys272829:20170928004612j:plain

 

水はコーラのような炭酸飲料のように砂糖が加えられていないので、水を飲んで脂肪が増えたなんてことはありませんが、飲んだ直後は飲んだ水の量だけ一時的に体重は増えますよね?

 

1リットルの水を飲む前と飲んだ後では体重は1kg違います。

 

 

このようにグラブにオイルを塗るという行為も何かしら、グラブに元々ついていなかったものが加えられるワケですから、塗った後のグラブは多少なりとも重くなります。

 

ここで大事なのは「オイルを塗りすぎないこと」

 

そこで、その塗りすぎになりにくいのが

 

ドナイヤのオイルです。

 

伸びやすく、浸透しにくいオイルなので余分な油分が革に染み込みにくく、重くなりにくいのです。

 

要するに、長い目で見れば重くならない、重くなりにくいオイルということです。

 

 

どこで買えるの?

 

残念ながらドナイヤを取り扱っている店は多くありません。

 

なので、ドナイヤのオイルを試してみたいという方は

 

楽天市場やアマゾンなどで購入することをおすすめします!

 

 ↑クリックして購入

 

 

野球用グラブ(グローブ)保革オイル・おすすめランキング ベスト5

 

グラブ用オイルは結局どれがいいの?

f:id:ys272829:20170921023544j:plain

 

グラブのお手入れをしたいけど、オイルの種類が沢山ありすぎてどれを買ったらいいのかわからない…という方にオススメの保革オイルをランキング形式にしました。

 

★保革オイルとは? 

保革オイルとはグラブの乾燥している部分や、すり減っている部分に塗るオイルのことです。乾燥しすぎた革は劣化して、やがて破れてしまいます。保革オイルを塗ることによって、革に栄養と潤いを与えて、グラブを長持ちさせます。

 

※塗りすぎはグラブを重くしてしまい、使いにくくさせてしまうので厳禁です。

※保革オイルを塗る前にグラブに付着した土や砂を落としましょう。

 

★保革オイルを塗る頻度は?

保革オイルを塗る頻度は、野球をする頻度や使用環境によって変わってきますが、目安としては以下を参考にしてみてください。

 

毎日のグラブを使う場合:週1〜2回程度

週に1〜2回グラブを使う場合:2週間に1回程度

 

おすすめの保革オイルランキング

 

第1位

ウィルソン

キープコンディショニングオイル

 

 

高品質スクワランオイルを配合したグラブのお手入れが好きな人のために開発されたオイルです。

浸透しすぎないオイルで、グラブの型を崩すことなく、しっかりと保革してくれるので使い込んだグラブに最適なオイルです。

 

★おすすめポイント★

グラブを柔らかくしない、重くしない

 

 

第2位

ローリングス 男前に磨きをかける

濃革(こいかわ)トリートメントオイル

 

 


中高生を中心に大人気のローリングス 男前に磨きをかけるシリーズ
の高級オイル。ツヤ出し、撥水効果もある。2017年から発売になったこのトリートメントオイルは、以前のものよりも大容量。

 

★おすすめポイント★

グラブの色落ちを防ぐことができる

 

 

第3位

ハタケヤマ

保革ワックス WAX-1

 

 

巨人の坂本勇人選手ら多くのプロ野球選手が愛用する保革オイル。ミンクオイル配合で保革性能も高いが、ウリは塗布後のグリップ力。パッケージデザインも昔から変わっておらず、世代を超えて愛されているロングセラー商品。

 

★おすすめポイント★

捕球面に塗ることでグリップ効果アップ。エラーも減る?

 

 

第4位

SSK(エスエスケイ)

保潤スクワラン

 

 

保革もさることながら、グラブをしっとりとさせてくれるオイル。エスエスケイのスクワランは旧パッケージの頃から評判が良く、SSKのスクワランオイルは、あの人気YouTuberト○サンも愛用していると言われるオイル。

 

★おすすめポイント★

革をしっとりさせることができる

 

 

第5位

ドナイヤ

グラブワックス

 

 

元祖・水を使っていないオイルというキャッチフレーズで売り出されたオイル。ヤクルトの山田哲人選手も愛用するオイルで、サラっとした仕上がりでグラブが重くなりにくいのがウリ。

 

★おすすめポイント★

グラブが重くなりにくい

コストパフォーマンスが高い

  

メンテナンス(お手入れ)大切さ

f:id:ys272829:20170214235907j:plain

 

グラブのお手入れを怠る人は、いずれ守備で大きなエラーを犯すともいわれています。

 

ものを大事に扱うことは日本人の良いところの1つですし、何と言ってもグラブは天然素材、牛革から作られています。

 

感謝の気持ちを持ってグラブを大切に扱うことで、グラブへの愛着や信頼感も湧いていき、きっと良いプレーができるでしょう。

 

また何より良いプレーをすることで野球が楽しくなります。

 

お手入れは怠らずに、グラブを大切に育てていきましょう。